長野県次世代ヘルスケア産業協議会では、介護事業所等の介護現場の課題解決につながるソリューションをもつヘルスケア企業と、人材不足やサービス品質(利用者のQOL)の向上に向けた課題に悩む介護事業所等とが連携し、介護現場の課題解決を目指した意見交換や新しい商品、サービスのアイディアの検討を行うワークショップを開催しています。

今回のテーマは「見守りシステム(見守りロボット)を考える」です。

長野県内の介護事業所にご協力をいただき、実際の介護の現場を視察しながら、施設利用者等の安全の確保や職員の見回り負担の軽減に資する新しいアイディアや有用な見守りシステムについて検討・提案を行います。関心のある介護事業者、ヘルスケア企業の皆様は奮ってご参加ください。

○開催日時 2018年11月14日(水) 10:30~15:00

○場所   介護老人保健施設ローズガーデン(松本市中山749)

参加希望者は以下の申込用紙からお申し込みください。(申込先:特定非営利活動法人SCOP(委託先事業者))

なお、参加申し込みにあたっては、長野県次世代ヘルスケア産業協議会の会員(企業会員又は協力会員)である必要があります。

協議会への加入方法については、「協議会の加入申込について」のページをご覧ください。

kaigows2
http://www.healthcare.nagano.jp/contents/wp-content/uploads/2018/10/kaigows2.pdf

第2回介護現場の困りごと解決ワークショップ(リーフレット・申込用紙)